前へ
次へ

メニュー

行政書士試験対策のポイントについて

行政書士試験は覚える量も多いことや年に1回しか行われないため、受験者にとってはとてもやっかいなものとなっています。そこで行政書士試験対策のポイントをいくつか紹介すると、1つめは条文などを声に出して読むという勉強法があります。これは行政書士の勉強法に限った事ではなく外国語などでも同じことがいえますが、声に出すことで内容も頭に残りやすくなります。なので1つめの有効な勉強法として、条文や重要な箇所は声に出して覚える方法があります。2つめのポイントはノートなどに記述式問題の解答を書くことであり、これを毎日続けることにあります。実際の行政書士試験では記述式問題も3問出題され、これだけでも配点は多くなっている特徴があります。なので条文などを声に出して読む勉強法と合わせて、記述式問題対策としてノートに書く練習を行うと良い結果が出やすくなります。

top用置換

top用置換2
Page Top